本文へスキップ

熱意、誠意、ふれあいの教育、マンツーマン指導専門の学習塾

電話でのお問い合わせはTEL.078-579-6225

〒652-0803 神戸市兵庫区大開通8丁目1番24西脇ビル2F

当教室についてCLASSROOM


神戸マンツーマン指導専門学院


 初めまして。学院長の岩谷と申します。中学生の社会と高校生の世界史を担当しています。現在先生たちと一緒に楽しくやさしく厳しくやっております。何よりも生徒さんの成績向上をモットーに私を含め教務・講師共々精進して頑張っております。一度見学にいらして下さい。お待ちしております。
※岩谷より「マンツーマン指導の教育」についてはこちら

苦手科目だけにこだわらない学習を

 塾では、苦手科目の克服を第一目標にかかげて学習指導が行われるのが通常です。当学院に置いても同様で、苦手科目克服にむけて日々指導に努めております。ただし当学院に置いては、これ以上に生徒に呼びかけているのがあります。それは「好きな科目」の学習です。モチベーションの維持、得点力アップを考えた場合、"好きな科目"を"得意科目"にすることも非常に重要です。入試では、ここぞという時の必勝アイテムとして、得意科目の得点が活きます。"苦手科目を克服する"だけでなく、"得意科目をつくる"ことも大切です。

英数以外の科目にも注目して

 学習塾での授業と言えば英語・数学に集約されやすいですが、当学院では内申点管理を徹底しておこなうため、日頃の学習姿勢・態度から日々の定期考査における五科目の実績まで管理することに努めております。ですので国語・理科・社会のニーズも多いです。
 とくに理科・社会は早い学年から重要視される科目ですから、自習やチューターだけでなく、正規の授業も多いです。理科・社会は単元によって出来・不出来があるため、定期考査においても成績推移の高低が激しいです。この高低を少しでも穏やかにしていかないといけません。
 国語につきましても、国語力の向上が他の科目にも多大な影響を与えるゆえ、高校生の古文・漢文だけでなく、中学生の国語においても授業の希望が多くなっています。

神戸マンツーマン指導専門学院の教室での充実度

  1. 学年層の充実
     当学院は小学低学年から高卒受験生まで幅広く指導しております。当学院ではパーティションで区切られた"講師1対生徒2"のマンツーマン授業を行っているので、同じ枠に異なる学年が受講することは珍しくありません。一見無意味に思えますが、見方を変えれば1つの時間帯に異なった学年の生徒たちが授業を受けているという面白い環境です。
     たとえば、歴史好きの中学2年生が社会を受講して、源平の合戦を学習している。しかし同時間帯の同じ枠で、高校2年生が日本史Bを受講し、同じセクションの源平の合戦を学習しているのです。中学2年生からすると、高校生の授業に少し耳を傾けると、同じセクションなのに知らない事件や人物がたくさん出てきて、さらに興味を持ってしまうのです。社会だけでなく、あらゆる科目でもそういう光景が見られます。受験期になると、真剣なまなざしで講義を受けている中学3年生を見て、自分も来年はあれぐらい努力しなければならないんだ、今から頑張らなくては、と気になっている下級生も多いです。
  2. 自習の充実    
     当学院の会員生徒は、試験前になると、固定時間割の授業とは別に、時間外で自習に来塾します。普段登録していない科目を学習したり、タイマーを使って実践的に小規模の模擬テストを行ったりと、実に充実しております。講師のスケジュールが合えば、チューターや補講として見てもらえます。自習時間帯は月曜から土曜の午後3時台から利用可能です。中には毎日来ている熱心な生徒もいます。非常に感心です。ただ、自習といってもただ来て無計画に時間だけ過ごして帰るというやり方をさせないために、当塾として事前予約制を導入しており、担任講師の課題提供、自習中の監視など、しっかりした管理体制をとっています。机を予約する制度は効果的で、習慣的に予約することで徹底した学習計画を立てて目先の目標に努めることができます。学習活動は何事も習慣で、自習が習慣的に行われるようにするために、自習用課題を毎回与える講師が大半です。
  3. 指導結果報告の充実
     当学院では授業とチューターに関し、担当講師が直筆で記した授業結果の報告を各会員宅に送付しております。授業だけで終わるのではなく、届いた報告書を読みながら授業で行われたことをもう一度復習する目的として送らせていただいております。担当講師のお子様に対する叱咤激励がご自宅においても伝わりますので、家庭学習において大きな手助けとなります。保護者に対しましても、お子様の受講履歴がわかりますので安心です。
  4. 授業ブース
    神戸マンツーマン指導専門学院 当学院講師は担当生徒を固定制にしており、学年が上がる年度末まで同じ組み合わせで進めていきます。講師の担当生徒に対する密着指導を充実・円滑にするため、授業ブース内には机を二つ用意し、隣にしっかり先生が座って、じっくりと向かい合いながら授業を進めていきます。
     当然のことながら、自習時間は1人の自習生に対し1つのブースですから、机を2つ分使用することができます。

information

神戸マンツーマン指導専門学院

〒652-0803
神戸市兵庫区大開通8丁目1番24 西脇ビル2F
TEL.078-579-6225


神戸マンツーマン指導専門学院
イベントand
新年度キャンペーンのご案内 
神戸マンツーマン指導専門学院 
 神戸マンツーマン指導専門学院
 神戸マンツーマン指導専門学院