世界史の目-Vol.244-

勝利の掲揚

  1804年、フランス・第一共和政(1792.9-1804.5)が終わり、ナポレオン1世(帝位1804-14,15)によるフランス第一帝政(1804.2-14,15)が始まった。フランス帝国の誕生はヨーロッパ諸国に脅威を与えた。
 イギリス・フランス間で1802年3月25日にアミアンの和約が締結されて以降、1年ほどヨーロッパ全体は平和で安定していたが、英仏間では依然として緊張が続いていた。この間のイギリス政府は、対仏強硬派のイギリス首相ウィリアム=ピット(任1783-1801,1804-06。小ピット)は退陣しており、対仏柔軟派のヘンリー=アディントン政権(任1801-04)であった。しかし両国関係の悪化が避けられず、イギリスは1803年5月にアミアンの和約を解消して対仏宣戦を表明(1803.5.16)、アディントンは辞任し(1804.4)、翌月に小ピットが再任した。

 イギリスは制海権を武器に海上封鎖を行い、フランス船舶に脅しをかけた。フランス商船が足止めとなり、フランスは経済的打撃を被った。イギリスの海上封鎖に対し、大陸封鎖でイギリスに圧力を加えようとしたナポレオンはイギリス上陸の計画をたて、フランス北部のドーヴァー海峡に面するブローニュ=シュル=メールに大軍(Armée d'Angleterre。アルメ=ダングルテール。イングランド遠征軍)を送り込んだ。ナポレオン戦争の幕開けである(1796-15。開始年はアミアンの和約破棄の1803年や、第一帝政発足の1804年とする場合もある)。これをみた小ピット首相は、当時神聖ローマ帝国(962-1806)の皇帝位を戴いていたオーストリア帝国(1804-67)をはじめ、ロシア帝国ロマノフ朝として1613-1917。帝国の呼称は1721年から)、スウェーデン王国(1523- )、ナポリ王国(1282-1816)らを賛同させて3度目の対仏大同盟第3回対仏大同盟)を結成した(1805.4-1806)。

 ブローニュ=シュル=メール駐留と同時進行で、海上封鎖されていた南東フランスのトゥーロンからフランス海軍提督ピエール=ヴィルヌーヴ(1763-1806)率いる艦隊が出航、のちにスペイン艦隊と合流してイギリス領の西インド諸島に向かった。これはイギリス領西インド諸島に向かうフランス・スペインの連合艦隊がイギリス軍を引きつける間に、ブローニュ=シュル=メールのイギリス遠征軍をイギリス本土に上陸する陽動作戦だった。しかしこの作戦はイギリス船を数隻拿捕したにとどまり、疲弊と消耗を重ねてヨーロッパに帰還、途中フィニステレ岬(スペイン北西部ガリシア州)の沖でイギリス海軍提督ロバート=カルダー(1745-1818)率いるイギリス艦隊と海戦が勃発(フィニステレ岬の海戦。1805.7.22)、フランス・スペインの連合艦隊は大敗北を喫し、スペイン西部のカディス(アンダルシア州)に退いた。ヴィルヌーヴ提督の陽動によるイギリス本土上陸作戦は失敗、上陸を断念したイギリス遠征軍は再編してフランス大陸軍(Grande Armée。グランダルメ)としてライン川方面へ移動させ、攻撃目標をロシアやオーストリアなど大陸諸国に向けた。

 1805年10月19日ナポレオンはヴィルヌーヴ提督にナポリ制圧を命じ、提督はカディスを出航した。これを阻んだのが、イギリスの海軍軍人で、1803年から地中海艦隊司令長官としてイギリス海軍を率いたホレイショ=ネルソン(1758-1805)である。ネルソンはイギリスのノーフォーク出身、20歳で海軍に入り、順調に昇進するも、1794年にコルシカ島攻略戦で右目の視力を、1796年のカナリア諸島戦で右腕をそれぞれ失ったが、功績を認められて対仏戦を任された。
 ネルソン率いるイギリス艦隊は104門の大砲を搭載する戦列艦HMSヴィクトリー号(【外部リンク】から引用。HMSとはHis Majesty's Shipの略。"陛下の船"の意味。1765年に進水)を旗艦とする27隻の艦隊である。一方のヴィルヌーヴ提督率いるフランス・スペイン連合艦隊は旗艦ビューサントル号(【外部リンク】から引用)を中心に33隻で構成された(そのうちの1隻、旧名シュフランで、ルドゥタブル号と呼ばれる戦列艦も有名。Redoutable。【外部リンク】から引用。真ん中の船。右はHMSヴィクトリー号。左はイギリス戦列艦テメレーア号。後述)。ヴィルヌーヴ提督がカディスを出、これをネルソン艦隊が捕捉した。こうしてカディス南東のジブラルタル海峡北西にあるトラファルガー岬で両軍が激突、歴史上有名なトラファルガーの海戦が勃発した(1805.10.21)。

 ネルソンは自軍の艦隊を縦二列に並べ、横に並ぶフランス・スペイン連合艦隊の隊列に対して垂直の状態にした(【外部リンク】から引用)。縦二列にしたイギリス艦隊が、フランス艦隊の隊列に突っ込む接近戦は「ネルソン=タッチ」戦法の名で知られた。先頭にいたネルソン提督は、イギリスの海軍軍人たちを鼓舞するため、"England confides that every man will do his duty(イングランドは各員が義務を果たすことを信じる)."という文を船舶間の通信に使う信号旗を用いて各隊に伝達しようとした。ネルソンは海軍中尉ジョン=パスコ(1774-1853)に提示したが、パスコは文中の"confides"という語が海事用信号コードになく、一文字ずつ信号旗を揚げなければならないため、"confides"を、信号コードにある"expects"を使ってはどうかと提案し、ネルソンもこれを受け入れた(実は"duty"も信号コードになかったが、必要とする語であり、4文字であったため、一文字ずつ送ることにした)。こうして、"England expects that every man will do his D-U-T-Yイングランドは各員が義務を果たすことを期待する)."の信号文が完成し、組み合わせた信号旗を掲揚することによって各員に送られた(参照→【外部リンク1】【外部リンク2】から引用)。

 兵力の数ではフランス・スペイン連合艦隊に負けていたイギリス艦隊であったが、この信号文を見たイギリスの各艦隊は歓声をあげ、士気が高まった。そしてフランス・ビューサントル号の艦尾に配置していたルドゥタブル号にイギリス・HMSヴィクトリー号が激突したが、ヴィクトリー号はルトゥダブル号から激しい砲撃を30分にわたって受け、このときネルソンは被弾した。このとき、ルドゥタブル号の兵士がヴィクトリー号へ移乗攻撃(敵船へ戦闘員を乗り移らせる戦術。切り込み)を試みるも、団結力の高まったイギリス海軍はイギリスの戦列艦テメレーア号(【外部リンク】から引用。ロマン主義画派ウィリアム=ターナー作。1775-1851)が割って入り、ネルソンが座乗するヴィクトリー号を助け、ついにフランスのルドゥタブル号を打ち負かした。フランス軍はスペインとの連合艦隊であったため、統率に欠け、兵器の威力もイギリス海軍より劣っていた。このため、20隻近くの艦船が大破し、1万人のフランス・スペイン兵が戦死・捕虜となった。ヴィルヌーヴも捕らえられた(彼はその後特赦で帰国を許されるが、ホテルで自殺。1806年没)。

 ヴィクトリー号の隊員も百数十名の死傷者を出した。船上で、軍医のウィリアム=ビーティ(1773-1842)は、銃弾に倒れたネルソンの脈をとり、治療するにはもう手遅れと察知した。このとき、ネルソンはかすかな声で、"Thanks God , I have done my duty神に感謝する。私は自身の義務を果たした)."の言葉をつぶやき、絶命した(ネルソン戦死。1805.10.21)。イギリスはこのトラファルガーの海戦で、ネルソンの命とひきかえに勝利をもたらしたのであった。

 トラファルガーの海戦では敗北を喫したものの、陸上戦を得意とするフランスは、フランス大陸軍でもって、直後の同1805年12月にイギリスと対仏大同盟を組んだロシア、オーストリア相手に、アウステルリッツ三帝会戦(1805.12.2)で勝利をもたらした。翌年、イギリス首相小ピットは失意のうちに病死、対仏大同盟も解体となった。ナポレオン率いるフランスがトラファルガー戦での敗北を払拭する勝利をアウステルリッツ戦でもたらした反面、イギリス海軍はトラファルガー戦勝利をもってしても、皇帝ナポレオンとしてのヨーロッパ大陸の覇権を揺さぶるまでには至らなかった。しかしイギリス本国では、ネルソンをナポレオン戦争の勝利者として、その軍功を大いに称えた。

 ネルソンは生前、祖国での埋葬を望み、ヴィクトリー号の船上で亡くなった遺体は、腐敗を避けるために洋酒の樽に漬けられて保存された。しかし、ヴィクトリー号が帰還したとき、樽の中の酒は残っていなかったという逸話がある。これは帰途につく間、ネルソンの軍功に肖ろうとした海兵が盗み飲みしたともいわれている。そして英国王以外では初の国葬がとりおこなわれ、ネルソンの遺骸はセント=ポール大聖堂に葬られた。ロンドンのウェストミンスターにおいて、トラファルガーの海戦でフランス・ナポレオン軍に勝利したことを記念してつくられたのがトラファルガー広場(1845年に現在の形になり、この頃ネルソン記念柱が建造される。【外部リンク】から引用)で、ネルソンは現在でもなお、英国の英雄である。

 そして、勝利を呼び込んだHMSヴィクトリー号は1812年に退役となり、1922年に記念艦(博物館船)として、イギリスのポーツマス港に展示されている。 


 この「世界史の目」は2004年に「高校歴史のお勉強」というタイトルでスタートしていますが、2009年に現在の塾を始めて、このコーナーも「世界史の目」としてリスタートしました。第145話「レスボス島の女流詩人」から数えてちょうど100話目にあたるのが今回の第244話です。ここまで来ることができたのは、ひとえにこの「世界史の目」を支持して下さった皆様のおかげです。深く厚く感謝を申し上げます。続いてはスタートして区切りの10年目にむけて、着々と進めておりますので、今後とも「世界史の目」をよろしくお願いいたします。

 前回に続き、二大国間の戦争が焦点となりました。イギリス本土上陸作戦を企てるナポレオンのフランス軍に対し、HMSヴィクトリー号で戦いに挑むネルソン提督のお話です。イギリス海軍は当時のヨーロッパでは最強で、ナポレオンがイギリスのインド航路を遮断させるためにエジプト遠征を始めた1798年にも、ネルソンは1798年のナイルの海戦(受験では"アブキール湾の海戦"で登場することもあります)でもフランス相手に勝利しています。この勝利はネルソンにとって大きな勝利で、彼の名がヨーロッパ各国に知られるようになります。一方のナポレオンはエジプト遠征では劣勢だったこともあって、政情不安定が続く国内の総裁政府をつぶすことに気持ちを固めていき、帰国後にクーデタ(ブリュメール18日のクーデタ)を起こして統領政府を樹立します。

 今回はトラファルガーの海戦で、世界最古の現役艦であるヴィクトリー号を自在に操るネルソンが主役であり、ナポレオンはほとんど登場いたしませんでした(実際現地でフランス海軍を指揮していたのはヴィルヌーヴという人物です)。有名な信号旗の言葉や、ネルソンの遺言となった"I have done my duty."なども有名ですが、ネルソン提督の最後の勝利となったトラファルガーの海戦で、再度ナポレオンのフランス海軍を打ち負かしたことが、その名が知られる証でしょう。

 さて今回の大学受験における学習ポイントです。すでに全部喋ってしまいましたが、トラファルガーの海戦はイギリス(ネルソン)が勝利し、フランス(ナポレオン)が敗北することを覚えましょう。ナポレオン第一帝政がスタートすると、イギリス首相の小ピットは第3回対仏大同盟が結成され、英仏間に緊張が高まってトラファルガーの海戦へつながっていきます。この流れは覚える必要があります。余裕があれば、ネルソン提督はこの海戦で戦死したこと、ネルソンはこの海戦前のアブキール湾の海戦においてもナポレオンを打ち負かしていることなども知っておくと安心です。また、当時の海軍はフランスよりイギリスが優位です。一方、陸上戦であるアウステルリッツ三帝会戦ではフランスは優位で、イギリスと同盟を組んだロシアやオーストリア相手に勝利を収めてます。

【外部リンク】・・・wikipediaより

(注)紀元前は年数・世紀数の直前に"B.C."と表しています。それ以外は紀元後です。
(注)ブラウザにより、正しく表示されない漢字があります(("?"・"〓"の表記が出たり、不自然なスペースで表示される)。

世界史の目に戻る
参考文献

Copyright (C) KOBE MANTOMAN SHIDOU SENMON GAKUIN All Rights Reserved.